FXにおけるトルコリラの取引コスト

###Site Name###

トルコリラは、他の新興国通貨と同じように、スプレッドが大きく開いていることが特徴の一つです。従って、多少の値動きで売買しては、スプレッドによる取引コストによって、利益が失われてしまう恐れがあります。



FX取引会社によっても異なりますが、トルコリラと円のスプレッドは8銭から大きなところで20銭程度になっています。

マイナビニュース情報の豊富さで有名なサイトです。

従って、1万通貨単位の取引を行うと、取引コストとして800円から2000円程度のお金が必要となります。

例えば米ドルと日本円やユーロと日本円の取引コストは30円から高くても160円程度なので、トルコリラの取引コストは非常に高いことが分かります。

トルコリラの情報を簡単に探すことができます。

従って、FXでトルコリラの取引を行う場合はスイングトレードや長期保有によるスワップポイント狙いが主流となります。

トルコはインフレ抑制のために高金利政策を行っているため、インフレ目標による金融緩和政策を行っている日本とは対照的に高い政策金利が維持されています。従って、金利差益を目的として長期保有をすれば、1万通貨当たり毎日80円程度のスワップポイントを受け取ることができ、1年間では3万円程度の利益を見込むことができます。


長期保有の場合、取引コストが必要になるは最初にトルコリラを購入する際と、長期保有後に日本円に戻すときの2回だけなので、その間のスワップポイントと比較すれば安いコストに抑えることが可能です。


但し、現在は高金利政策でも、世界の金融動向によってはその政策が変わる可能性もあるので、トルコの政治経済の動向や世界的な金融動向についても情報収集に努める必要があります。